自宅でできる性病検査キットならあおぞら研究所へ

HOME > カンジダについて

カンジダについて

性器カンジダ症は、カンジダ属の真菌によって起こる性器の感染症です。

男性がカンジダに感染した時、多くは亀頭包皮炎の症状が現れますが、尿道に感染がみられることもあります。クラミジア・淋病・マイコプラズマ・ウレアプラズマと比べ、薬剤を使用しなくても頻回に排尿することで排菌することもあります。

女性にとってカンジダは、5人に1人が感染しているといわれるほどポピュラーな真菌です。

男性は女性に比べ感染しにくいといわれていますが、最近は、カンジダ性の亀頭周囲炎が増加傾向にあります。これは、糖尿病をはじめとする生活習慣病の増加、食生活の乱れに伴う自己免疫力の低下が原因と考えられています。

症状

<男性の場合>

男性の場合は、亀頭や陰茎の周囲に白いカスや発疹が出たり、軽い痛みやかゆみを感じたりします。

<女性の場合>

女性がカンジダを発症すると、外陰部の激しいかゆみやジンジンとする痛み、カッテージチーズや酒粕のような見た目のおりものが出ます

 

感染経路

カンジダ菌の主な感染経路は、自己感染です。

カンジダ菌は、性器の粘膜周辺や消化管、皮膚などに存在する常在菌なので、症状が出ていない健康な人も保有しています。

普段は悪影響を与えないものですが、体調不良や過労、ストレスなどによって体の免疫力が下がると異常に増殖し、体にさまざまな症状を起こすことがあります。特に、妊娠中や糖尿病やがんなどの消耗性疾患などを患っている時は免疫力が低下していることが多いので、増殖しやすいといわれています。

また、抗生物質やステロイド製剤の使用、女性であれば月経前後も増殖しやすいので、注意が必要です。

性交渉によるカンジダ菌の感染は少ないといわれていますが、免疫力が低下しているときに感染することがあります。その確率はおよそ5~10%といわれています。特に、性器カンジダ症を患っているときに性交渉を行うと、感染しやすいとされています。

男性の場合は性器が体の外側にあるので、性交渉後にシャワーなどでしっかり洗い落せば、感染確率は低下しますが、包茎の人は洗い落とすのが難しくなることから、感染に至る場合もあると言います。

 

潜伏期間

カンジダの潜伏期間は、常在菌のため特定は難しいですが、一般的には2日から1週間程といわれています。

もちろん感染してから必ずこの潜伏期間内に発症するというものではありません。 カンジダというのは、腸管や口腔、膣などにはもともと存在している菌になります。そのカンジダ菌の中でもカンジダ・アルビカンスという菌が増殖するとカンジダ症を発症します。

しかし、数日経てば少しずつこの菌の数は減少していきます。 カンジダ・アルビカンスが増殖してしまう原因というのは身体の抵抗力の低下です。さらに抗生物質やステロイド製剤の使用が原因となることもあります。

もともと体内に保有している菌というのは、体調の変化によって増殖し、炎症などを起こす原因となることもあるのです。これは外部からの感染だとしても、その感染時期を特定するというのは簡単なことではありません。

ただし、症状が出ていないとしても性行為を行うことでパートナーにカンジダ菌を感染させてしまうことはあります。もちろん免疫力がしっかりとある状態であればカンジダ菌に感染しても問題はありません。

少しでも気になることがあれば、早めに検査を受けるようにしてください。

 

検査結果はこちらから確認できます

あおぞら研究所

高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可証許可番号第4501031400039号

お問い合わせ
検査結果