自宅でできる性病検査キットならあおぞら研究所へ

HOME > トリコモナスについて

トリコモナスについて

肉眼では見ることのできないトリコモナス原虫が、性器内に入り込んで炎症を起こす性感染症です。

男女で寄生する場所が異なり、男性の場合は前立腺や精巣、尿道や膀胱です。女性の場合は膣内や子宮頸管、尿道や膀胱に寄生します

男女いずれの場合も、尿路感染の場合には尿によって排出される可能性があります。 最近の傾向として、各国地域による感染率の差が大きいと言われていますが、日本は減少傾向にあります。しかし、感染者の中には再発を繰り返す難治症例も少なくないといわれています。

症状

男性に感染すると、尿道炎の症状(軽い排尿痛・かゆみ、ペニスの先から膿が出るなど)を起こしますが、ほとんどの場合は自覚症状がありません。トリコモナスの感染が尿道に限局されている場合は、感染に気がつかないまま排尿で自然に洗い流されることもあります。

女性に感染すると、膣や膀胱に炎症が起こり、泡状で悪臭を伴うおりものや、膣内が「熱い」と感じる激しいかゆみ、外陰部が赤くただれてヒリヒリする、排尿時の痛みの症状が現れます。 女性の場合、無症状の感染者が20~50%とも言われており、治療せずに放っておくと炎症が卵管まで移行し、不妊症や早産、流産をまねく可能性があるため注意が必要です。

 

感染経路

感染経路は性行為だけでなく、下着やタオル、バスルーム、トイレの便座、などを介して感染することもあります

上記のような、共有物・共有場所による感染経路も知られており、性行為の経験がない女性や幼児にもしばしば感染者がみられることも特徴の一つとされています。

 

潜伏期間

男女ともに平均して10日前後であると言われています。

しかし男性の場合ではトリコモナス原虫に感染していても自覚症状が乏しい場合も多く、潜伏期間がはっきりと特定できないことがあります。

女性の場合では、感染していても症状が現れない場合が20~50%あるといわれており、トリコモナス症を放置してしまうと、炎症が卵管まで進み不妊症、早産や流産の可能性もあります。女性の場合、おりものの色や臭いがおかしい、膣や尿道が痒い・痛いなどの症状が出た場合、早めに病院を受診してください。

少しでも気になることがあれば、早めに検査を受けるようにしてください。

 

検査結果はこちらから確認できます

あおぞら研究所

高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可証許可番号第4501031400039号

お問い合わせ
検査結果