HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

    注文・配送に関する質問

    いつまでに注文すれば当日発送してもらえますか?

    以下をご参考になさってください。

    平日:14時までの注文で当日発送
    土日祝:13時までの注文で当日発送
    休業日:奇数月の第2日曜日(第2土曜日13時以降のご注文は、翌月曜日の発送になります。)

    配送料金はかかりますか?

    配送料は、全国一律800円(税込)です。
    9,460円(税込)以上のご購入、もしくは2点以上のご購入で送料無料とさせて頂きます。

    自宅以外で受け取れますか?

    ヤマト運輸様の宅急便センター(営業所)留めが可能です。
    ご注文の際、お客様情報の入力欄にご注文者様の情報をご入力いただき、お届け先情報の入力欄に「宅急便センターの住所」「宅急便センター名」「受取人様のお名前」「受取人様のお電話番号」をご入力ください。 

    コンビニ受け取りは可能ですか?

    こちらから直接、コンビニをお受け取り場所として指定することができません。
    クロネコメンバーズ会員の場合は、商品発送後にご自身にてコンビニでのお受け取りに変更することが可能でございます。
    詳細につきましては、ヤマト運輸様のホームページよりご確認ください。

    海外には送付していただけますか?

    申し訳ございません。発送は日本国内に限らせていただいております。

    プライバシーは守られるの?

    はい。大丈夫です。検査キットのお届けはこのように検査キットだとわからない包装と伝票になっています。
    また、病院でカルテを管理しているのと同じしっかりとしたセキュリティシステムでお客様の個人情報をお守りしているのでご安心下さい。

    検査キットに関する質問

    衛生面は大丈夫なの?

    お使いいただく検査器具は全て「使い捨てタイプ」の器具です。
    返送されてきた検査器具は、使用未使用に関わらず全て医療廃棄物として処理しています。

    検査キットの精度は大丈夫なの?

    ご安心下さい。性病専門病院あおぞらクリニック監修のもと、病院で行われる方法と同じ方法で検査を行うことができます。
    キットの使い方も簡単なので失敗をする確率も低いです。
    万が一、検体不良で正しい検査が行えない場合には、検査結果報告システム上でコメント欄に表示されます。その際は大変お手数ですが、お客様からお電話もしくはメールにてご連絡ください。再度こちらから検査キットをお送りします。

    自分の検体が他の人のものと間違えられたりしない?

    弊社では返送されました検体について、1つずつ開封・内容物の確認を行っております。そのため、他の方と間違えて検査に出すことはありません。ご安心下さい。

    検査キットの有効期限はありますか?

    検査キットの有効期限は発送日から3ヵ月となります。

    検体の採取に失敗してしまった時はどうしたらいいですか?

    検体の採取に失敗してしまった等のご不安がある方は
    有効期限内に限り、1回のみ交換対応もできますのでご相談ください。

    ※検体量が規定量より多い・少ない場合、検体のご返送前にご連絡ください。
    検体量が規定量より多い・少ないままご返送された場合、検査結果は参考値となります。
    またその際は、検査キットの交換対応・返品・返金等は対応しておりませんので予めご了承ください。

    (再送対応の際はクリックポストでの発送となります。商品到着の日時指定は承れませんのでご了承ください。)

    また、申込書のご提出忘れや、有効期限内に検体をご提出いただけなかった場合は
    検査できかねますのでご注意ください。

    ※新型コロナウィルス検査キットは交換対応不可となりますのでご注意ください。


    検査キットについて困ったときはどこに相談すればいいの?

    検査キットについて何かお困りの際には、03-3500-5551(受付時間:平日11時から17時)コチラまでご連絡下さい。
    もしくはこちらの問い合わせフォームからご連絡ください。

    検査結果に関する質問

    検査結果はいつわかりますか?

    こちらに検体が届いてから1日~7日で判明します。(祝日、日曜日等を除く)
    検査キットのお届け:最短で翌日(ヤマト運輸)

    検査物のご返送:最短で翌日(レターパック)

    受付~検査結果:1日~7日(検査の種類によって異なります)

    クラミジア、淋病、トリコモナス:
    →最短で1日から2日
    マイコプラズマ、ウレアプラズマ:
    →最短で2日から3日
    HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎:
    →最短で3日
    HPV(高リスク、低リスク)、カンジダ:
    →5日から7日

    検査結果に氏名は記載されますか?

    検査結果に氏名の記載はしておらず、IDでの表記となります。

    検査結果はいつまで見ることができますか?

    検査結果の閲覧可能期限は検体受付日から90日間となっております。残しておきたい場合は、パソコンからPDFとしてダウンロードするか、携帯電話でスクリーンショットするなどして保存をお願いいたします。

    もし陽性だったらどうすればいいの?

    陽性の場合は病院で治療を受けましょう。郵送検診サイトで検査を行った場合でも病院でもう一度確認検査をすることとなる場合もございます。(あおぞらクリニックにお越しの場合は再検査の必要ありません)
    ご注意事項といたしまして、お薬を個人輸入でご購入することは保証が何もなく、ご自身の体に合わないお薬の場合もあるのでおすすめできません。

    各性病に関する質問

  • HIVについて
  • 梅毒について
  • B型肝炎について
  • C型肝炎について
  • 血液検査セットについて
  • クラミジアについて
  • 淋病について
  • 咽頭クラミジアについて
  • 咽頭淋病について
  • 淋病クラミジアセットについて
  • マイコプラズマ・ウレアプラズマについて
  • トリコモナスについて
  • カンジダについて
  • 尖形コンジローマについて
  • HIVについて

    HIVはどれくらいの確率でうつりますか?

    HIV自体の感染力は強くないので、必要以上に心配しなくても大丈夫です。
    ただし、性器や口の中に傷がある場合はうつるリスクが高まるので一度検査をしておくことをおすすめします。

    検査は早めにしておいた方がいいの?

    ウインドウピリオド」の期間を過ぎたのち、できるだけ早めの検査をおすすめします。もしHIVに感染していて治療をしないとエイズが発症してしまいます。薬を服用しているか服用していないかで病気の進行速度が大きく変わりますので、早めの検査・治療を行いましょう。

    あおぞら研究所では感染機会から3ヶ月以上経過してからの検査をお勧めしています。
    なお、近年はではそれより短い期間(約2週間)でウイルス遺伝子の有無を調べる「核酸増幅検査(NAT検査)」を行う医療機関が増えつつありますので、ご心配の場合は病院等を受診するとよいでしょう。

    HIVになっていた場合、どのような症状が出るんですか?

    発症して2週間ほどで発熱、倦怠感、筋肉痛、肺に違和感、下痢、のどが痛い、嘔吐、リンパ節の腫れなどの症状が出ることがあります。
    ただし、これらの症状が出ない場合もあるので、無症状でも不安な場合は検査をうけておいたほうがいいでしょう。

    もしHIVに感染していたとしたらどうなるの?

    HIVに感染していることが分かっても、エイズとして病状が発症するまでには数年の時間があります。
    エイズが発症する前に検査を受け、適切な治療を行い、お薬を服用すればエイズの発症を抑えることが出来ます。

    梅毒について

    梅毒はどれくらいで症状が出始めますか?

    感染の機会から3週間で症状がではじめます。
    ただし、全く症状が出ない場合もあるので、心あたりがある方は無症状でも検査をすることをおすすめします。

    検査は早めにしておいた方がいいの?

    できるだけ早めの検査をおすすめします。もし梅毒に感染していた場合、感染から長期間経過していても治療は可能ですが、治療が長引くことがあります。
    感染から3ヶ月以内に治療を開始することがおすすめなので、早めに検査を受けましょう。
    あおぞら研究所では感染機会から2ヶ月以上経過してからの検査をおすすめしております。

    B型肝炎について

    B型肝炎はどのような行為で移りますか?

    B型肝炎は感染力が強く、キスで移ることもありますし、その他の性行為を通じて移ることもあります。

    検査は早めにしておいた方がいいの?

    できるだけ早めの検査をおすすめします。特にB型肝炎は、自覚症状が無いことも多い病気なので、不安がある場合は念のため検査を行っておくと良いでしょう。
    あおぞら研究所では感染機会から2ヶ月以上経過してからの検査をおすすめしております。

    C型肝炎について

    C型肝炎はどのような行為で移りますか?

    C型肝炎は感染力が弱いので、性行為で移ることは稀です。
    感染経路としては、妊娠中のお母様のC型肝炎が胎内のお子様にうつる母子感染や、輸血をした場合など、血液を介しての感染が多いです。

    検査は早めにしておいた方がいいの?

    できるだけ早めの検査をおすすめします。
    特にC型肝炎は、自覚症状が無いことも多い病気なので、不安がある場合は念のため検査を行っておくと良いでしょう。病気が進行すると肝硬変や肝臓が引き起こされてしまうこともあります。
    あおぞら研究所では感染機会から3ヶ月以上経過してからの検査をおすすめしております。

    血液検査セットへについて

    血液検査セットにはどの検査が含まれていますか?

    HIV、梅毒の2つの検査がセットになっているものと、HIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎の4つの検査がセットになっている商品があります。
    HIVはもちろんのこと、B型肝炎、C型肝炎は、肝硬変や肝臓がんにつながる恐ろしい病気です。梅毒も症状が進むと回復に時間がかかってしまいます。これらの病気を1回の採血でまとめて検査できるのが血液検査セットです。

    これらの病気にかかっていたらどんな症状が出るの?

    これらの病気の特徴は症状がわかりにくいことです。 HIVは発症して2週間ほどで発熱、倦怠感、筋肉痛、肺に違和感、下痢、のどが痛い、嘔吐、リンパ節の腫れなどの症状が出ることがあります。
    B型肝炎、C型肝炎の場合は体がだるい、食欲不振などの症状が出ることがあります。
    また、梅毒の場合は赤または茶色のプチッとした湿疹が出たり、陰部にしこりが出来たりします。
    ただし、これらの症状が出ない場合もあるので、無症状でも不安な場合は検査をうけておいたほうがいいでしょう。

    もし感染していたらどうなるの?

    HIV(エイズ)、B型肝炎、C型肝炎はでは治療を行っておりません。 ご自身のPCから検査結果を出力して検査・治療が可能な病院へご持参の上、治療をすすめてください。
    もしくは、あおぞらクリニックへお越しいただき、ご紹介状(有料になります)をお書きすることもできます。
    梅毒はあおぞらクリニックで治療を行っております。初期感染でしたら2〜4週間の投薬治療と確認のための血液検査で治療が終了します。

    クラミジアについて

    クラミジアはどれくらいの期間で症状が出ますか?

    クラミジアの潜伏期間は1~3週間です。

    パートナーにうつしてしまっていないか心配です。

    パートナーの方も一度検査を受けることをおすすめします。
    クラミジアは、性行為やそれに類似する行為(オーラルセックス等)で30~50%の確率でうつり、自覚症状が無いことも多いので、念のため検査を受けることをおすすめします。
    「ピンポン感染」(お互いに病気をうつしあうこと)を防ぐために、二人で検査と治療を受けましょう。

    もし治療をしなかったら、どうなりますか?

    残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
    男性の場合は精巣に菌が侵入し不妊の原因になることがあります。女性の場合は腹部に菌が侵入し不妊の原因に。さらには激しい腹痛に襲われ救急車で運ばれる方もいらっしゃいます。

    淋病について

    淋病はどれくらいの期間で症状が出ますか?

    思い当たる行為をした日から2日~7日で症状が出ることが多いです。ただし、症状が出ない方もいるので、念のため一度検査を受けることをおすすめします。

    のどの淋病の検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか?

    はい、のどに感染している相手とキスをすると、のどに感染してしまいます。
    また、性器に感染している相手とオーラルセックスをすると、のどに感染します。ご自身ののどから性器に感染することはありませんが、相手の体を介してのどにも感染します。
    のどは症状が出にくいので、一緒に検査することをおすすめしています。

    もし治療をしなかったら、どうなりますか?

    残念ですが、治療をしないと病気の進行を止めることは出来ません。
    淋病の場合は数日で症状が悪化することが多いです。
    症状が進行すると、男性の場合には精巣に菌が侵入し、炎症が起こり不妊の原因になることもあります。女性の場合は腹部に菌が侵入し不妊の原因に。さらに激しい腹痛に襲われる方もいらっしゃいます。

    咽頭クラミジアについて

    咽頭クラミジアはどれくらいの期間で症状が出ますか?

    思い当たる行為をした日から1週間〜3週間で症状が出ることが多いです。
    特に咽頭クラミジアは、症状が出ない方もいるので、念のため一度検査を受けることをおすすめします。

    性器のクラミジアの検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか?

    はい、のどに感染している相手とオーラルセックスをすると、性器に感染してしまいます。
    ご自身ののどから性器に感染することはありませんが、相手の体を介して性器にも感染します。咽頭クラミジアを治療しても、性器に菌が残ったままだと、再び自分の体に菌がかえってきてしまう恐れがあるので、一緒に検査することをおすすめしています。

    咽頭淋病について

    咽頭淋病はどれくらいの期間で症状が出ますか?

    思い当たる行為をした日から2日〜7日で症状が出ることが多いです。
    特に咽頭淋病は、症状が出ない方もいるので、念のため一度検査を受けることをおすすめします。

    性器の淋病の検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか?

    はい、のどに感染している相手とオーラルセックスをすると、性器に感染してしまいます。
    ご自身ののどから性器に感染することはありませんが、相手の体を介して性器にも感染します。咽頭淋病を治療しても、性器に菌が残ったままだと、再び自分の体に菌がかえってきてしまう恐れがあるので、一緒に検査することをおすすめしています。

    淋病クラミジアセットについて

    淋病クラミジアセットにはどの検査が含まれていますか?

    性器クラミジア(尿)、淋病(尿)、咽頭クラミジア、咽頭淋病の4種類の検査が含まれています。
    これらの性病は症状が類似しており、「尿道に違和感がある」「性器から膿が出る」「のどに痛みがある」といった症状だけでは、どの性病にかかっているかは判断できないことが多いです。
    出来るだけリーズナブルに性病を特定できるよう、淋病クラミジアセットはうまれました。淋病とクラミジアは1つの採取物で検査できます。

    性器とのど、両方の検査を受ける必要はあるの?

    はい。淋病やクラミジアは、性器から性器へとうつるだけでなく、性器からのどへもうつってしまう性病なので、一緒に検査をすることをおすすめしています。
    例えば、クラミジアが性器に感染している相手とオーラルセックスをすると、あなたののどにクラミジアが感染してしまう可能性があります。
    また、クラミジアが性器に感染している相手と性器が触れ合うと、あなたの性器にクラミジアが感染してしまう可能性があります。
    淋病クラミジアセットで性器とのど、両方の検査を行えば、一度で淋病とクラミジアの不安を解消することができます

    マイコプラズマ・ウレアプラズマについて

    マイコプラズマ・ウレアプラズマはどれくらいの期間で症状が出ますか?

    思い当たる行為をした日から2日〜7日で症状が出ることが多いです。特にのどのマイコプラズマ・ウレアプラズマは症状が出ない方も多いので、念のため一度検査を受けることをおすすめします。

    性器のマイコプラズマ・ウレアプラズマの検査も一緒にしておいたほうが良いのでしょうか?

    はい、のどに感染している相手とオーラルセックスをすると、性器に感染してしまいます。ご自身ののどからご自分の性器に感染することはありませんが、相手の体を介して性器にも感染します。のどのマイコプラズマ・ウレアプラズマを治療しても、性器に菌が残ったままだと、再び感染してしまう恐れがあるので、一緒に検査することをおすすめしています。もしくは、のどマイコプラズマ・のどウレアプラズマを治療後の治ったかどうかの再検査をする時に性器も一緒に検査するようにしましょう。

    トリコモナスについて

    トリコモナスはどれくらいの期間で症状が出ますか?

    トリコモナスは一週間から数週間で発症します。

    パートナーにうつしてしまっていないか心配です。

    パートナーの方も一度検査を受けることをおすすめします。
    トリコモナスは非常に感染力が強く、性行為のほか、ごくまれにタオルなどの共有でもうつる可能性があります。

    カンジダについて

    カンジダはどれくらいの期間で症状が出ますか?

    個人差はありますが、1日〜1週間で症状が出ます。

    感染していた場合の注意点を教えて下さい。

    一般的な注意としては、性器を清潔にして刺激性のある石鹸を使わないこと、また、通気性のいい下着を着用してセックスを控えるようにしてください。

    尖形コンジローマの不安にお答えします

    尖形コンジローマはどれくらいの期間で症状が出ますか?

    一般的に8週間から2年の内に症状が出ると言われています。3ヶ月程度で発症することが多いです。

    
     
    お気軽にお問合せください

    お電話でのお問合せ

    03-3500-5551

    受付時間:平日11時〜17時
    ※弊社で取り扱いの検査キットについてのみのお問い合わせとなります。 それ以外のご質問にはお答え出来かねますのでご了承願います。
    ※営業時間外や休業日にいただいたお問い合わせは、翌営業日以降にご対応させていただきます。

    メールでお問い合わせ

 
登録衛生検査所
あおぞら検査センター

東京都港区登録 3港み生医第26号

検査結果はこちらから確認できます

あおぞら研究所
 

高度管理医療機器等販売業・賃貸業許可証許可番号 2港み生機器第93号

お問い合わせ
検査結果